こころを整える 植物の力

お花のエネルギーと言うと、難しく感じるかもしれませんが、お花を見たり香りを嗅いだりして、豊かな気持ちになったり、気分が落ち着いたりしたことはありませんか?
お花の持つエネルギーが感情に働きかけ、身体的な症状が現れる前にバランスを取り戻す助けになります。 他の療法と併用することもで
き小さなお子様からご高齢の方までご使用いただけます。また、動物や植物にもご使用いただけます。

フラワーレメディボトル画像

フラワーレメディとは?

バッチフラワーレメディは、お花を原料に用いたエッセンスを飲むことにより、ストレスやマイナス感情を和らげる製品です。
1936年にイギリスの医師であり、細菌学者、病理学者でもあった、エドワード・バッチ博士により開発されました。
バッチ博士は、さまざまな不調の原因はマイナス感情と関係があることに気付き、そして、長年の研究の結果、人間の持つ感情や性格のパターンを38種類に分類し、それぞれの感情を癒す38種類のお花を苦心の末、次々に発見していきました。
イギリスでは民間療法のひとつとして病院などで処方されています。イギリス王室をはじめ、イギリスの人々に広く親しまれています。

興味はあるけど、ちょっと不安。気軽に試してみたい。そんな方のために、4646農園ではバッチフラワーエッセンスのワークショップを開催しています。ワークショップ開催についてはイベントページに記載してあります。ご予約頂ければ店舗での制作可能ですので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

フラワーレメディの効果
フラワーレメディは安全

まずは、お話しましょう。

1.カウンセリング

気分が落ち込む、不安がある、イライラするなど、ご自身が気になること、感じていることをお聞かせください。

2.カウンセラーが症状にあわせてフラワーレメディを選びます

今、感じる心の状態やもともとの性格や心のクセと38種類のレメディの指標を照らし合わせ、ふさわしいレメディを選びます。最多で6,7種類まで、同時に飲用することが出来ます。

3.トリートメントボトルを制作します

長期間にわたって使用する時、しばらく同じレメディを使い続けたい時などはトリートメントボトルを作ることをおすすめいたします。完成したトリートメントボトルから1日4回以上、4滴ずつ飲むようにします。

4.便に入れて完成!

ボトルは冷蔵庫で保管して、早めに使い切るようにします。目安は2週間です。

 

フラワーレメディボトル棚

使い方は簡単

飲むだけ!

フラワーレメディイラスト1 4646農園は富山市粟島のフラワーショップお花屋さんです

普段の飲み物に入れてもOK

フラワーレメディイラスト2 4646農園は富山市粟島のフラワーショップお花屋さんです
水、コーヒー、紅茶、ジュース等なんでもOKです。

お風呂に

フラワーレメディイラスト3 4646農園は富山市粟島のフラワーショップお花屋さんです
お風呂に使う場合には、ストックボトルから8〜12滴入れます。

スプレー

フラワーレメディイラスト4 4646農園は富山市粟島のフラワーショップお花屋さんです
トリートメントボトルの中身をスプレー容器に入れて皮膚にスプレーしたり、ガーゼに浸して湿布、または傷口に直接たらして使うことも出来ます。

 
PAGE TOP